わきがおさえる

ストレスの多いビジネスマン、ビジネスウーマンのわきが

わきが

 

ストレスの多いビジネスマン、ビジネスウーマンのわきが、深刻ですよね。
ビジネスマン、ビジネスウーマンには毎日の仕事がやりがいもあるし、緊張感も伴うものですから、
ストレスからわきがの発生も生まれたりします。

 



 

 

ストレス、運動不足、食生活、肝機能低下、肥満がわきがの原因になっていることはあります。
肥満はダイエットして調整できますし、肝機能低下は治療することが先です。
それ以外の運動不足、食生活は、忙しいビジネスマン、ビジネスウーマンにとっては「できる範囲」での
改善しながら、他のわきがおさえる対策をしていくのがいいです。
自分もOLをしているのでわかりますが、
日常のビジネス生活をいきなり変えることはなかなかです。
ビジネスマン、ビジネスウーマンでなくても、
いつもと違う生活形態をするには脳が変化についてきてくれません。

 

であれば、
まずデオドラントでわきがおさえておいて、その上で生活習慣を少しずつ変えていくのはありですよね。

 

忙しいビジネスマン、ビジネスウーマンのためには、

 

医薬部外品の男の制汗・制臭クリーム「サラメン」をご購入下さい。

 

男のサラメンとありますが、女性にも使えます。
女性よりも男性の方がわきがになりやすいため、男性に特化したデオドラントであれば
女性にもより制汗やわきがおさえることも望めますね。

 

女性専用であれば、
制汗+で「実感デオドラント」。デオプラスラボ

 

やっぱりわきががあると、学生でも社会人でもスメハラに遭遇することもあるかもしれませんし、
スメハラがなくても、「くさい」と思われるのはイヤですからね。

 

わきがのにおいを抑える方法

女性わきが

@デオドラント
Aストレスをなくす
B睡眠をとる
C油っこい食事をとらないようにする
D腸内環境をよくする
E手術

 

などあります。

 

その中でもいちばん取り組みやすいのがデオドラントです。

 

このデオドラントをして
わきがおさえることができれば、食事や運動は変更してもしなくてもよくなるんです。
とくに忙しい現代人は食生活をいきなり形態を変更するというのも脳がなかなか対応してくれませんよね。
反動もきそうですし。

 

でも、自分に合ったデオドラントを見つけてつけるだけでわきがおさえられるなら、
それが一番です。
デオドラントも
1つや2つ試してダメだったからといってあきらめないで、いろいろためしてみることがいいです。

 

ここで注意した方がよいのは、
市販スプレーでわきががおさえられる人は、市販のデオドラントを続ければよく、それ以外のものを選ぶ必要もないです。
ですが、
市販のデオドラント(特にスプレータイプ)でわきがおさえることができないときに

 

1・デオドラントとの相性が悪いので他のデオドラントに変更する
2・生活習慣を変えるとわきががおさえられる

 

デオドラントも商品によっては成分に違いがあって自分に合っていると、効果が有効になりますから。
相性が合えば、すぐに効果を実感できますし、約1本くらい使い切ってもわきがおさえられないようなら、次のものを考える目安になります。
ですが、
複数のデオドラントを重ねて使用することは、肌あれの原因になりかねないため、使用の際には1つのデオドラントで
ご使用してくださいね。

 

ですので
1・であればデオドラントを変更する
2.であれば、食事や生活習慣を変える・・・いきなり食生活は困難でしょうから、せめて飲酒の多い方はアルコール類を減らすところから始めてみると、脂っこい食事も減ってくるでしょう。アルコールには、脂っこいものや塩辛いものがつきものですから。

 

などをやってみてくださいね。
制汗+で「実感デオドラント」。デオプラスラボ

 

それでだめなら
最後に手術という選択になりますね。

 

食事は

サラ
<p>・魚類ダ女性


・肉類
・卵
・乳製品
を多食をさけるといいです。
このような動物性蛋白質はわきがや体臭のもとになりますからね。

 

野菜は生野菜や根野菜、海藻類などアルカリ性の食物をど多くとった方がいいです。

 

それから、
ナッツ類もおすすめです。

 

油は、動物性の肉食よりも、ナッツ類の油か、オリーブオイルがいいですね。

 

わきがの元と、することしない方がよいこと

汗の種類には3つあります。
エクリン酸・・・・ わきがの原因、わきの下、へそのあたり、粘り気のある汗
アポクリン酸・・・・ ストレス、疲れなどで老廃物がたまったり、汗を拡散する 
皮脂腺・・・・ 毛穴や表皮細胞油分分泌で肌守り、皮脂が雑菌の栄養素となり、酸化するとニオイが発生する

 

これらのエクリン酸、アポクリン酸、皮脂腺などがわきがのにおいのもとになります。

 

一般の市販スプレーはワキガの原因となるアポクリン腺の汗を抑える効果は少ないようです。
スプレータイプは、ワキなどを乾燥させる作用があるので、スプレーをしたあとはすっきりしたように感じるのですが、
しばらくして汗をかきだすと、わきがのにおいがしてきたりしがちです。

 

そのため、わきにはクリームタイプなどのデオドラントで保湿しながら汗をおさえることによってわきがおさえることのほうが良いですね。

 

そのクリームをつかってわきがをおさえているとき、お風呂でごしごしとこすりすぎないことが大切です。
人の体はある程度の皮脂は必要なのです。
その必要な皮脂までとってしまうと、かえってわきがのにおいがひどくなることがあるんです。
からだが皮膚を守ろうとして、はがれてしまった皮膚からにおいを発することになってしまうからなのです。

 

医薬部外品の男の制汗・制臭クリーム「サラメン」をご購入下さい。

わきが対策専門ブランドNOANDE<ノアンデ>